発達支援プログラム紹介②(ゆり組(4歳児クラス)ー学習活動・数的領域)

保育日記 :
2022.07.13

当園で「『からだ・こころ・あたま』の発達支援プログラム」として実施している活動プログラムの紹介です。今回は、ゆり組(4歳児)クラスが7月に実施している学習分野(数的領域)のプログラムの一部をご紹介します。

①時計を利用して、数字を理解していきます。前回は1から6までの数字を学びましたので、今日は7から12まで、2桁の数字まで学んでいきます。

②最初に、先生の説明を聞きます。「他者が話している時に、意識を集中して相手の話を聞くことができる」能力は、社会生活を送るうえで大切な「非認知能力」です。日常の活動を通して、このような資質を身に着けていくことも目指しています。

③先生が、数字の説明をします。

④鉛筆で紙に数字を書く練習をする前に、宙に指で数字を書いて練習します。

⑤二桁の数字も理解していきます。

⑥紙に印刷されている時計の数字を鉛筆でなぞり、数字に慣れていきます。

皆、集中して、取り組んでいました。

投稿をシェアする

最近の保育日記

写真をアップしました(2)

4月14日(日)に下記の写真データを「写真アルバムアプリ(Dropbox)」にアップロードしました。2023年度分フォルダより入って閲覧・ダウンロードしてください。   ①2024.2.1~3.31(クラス別)  

2024.04.14

入園式を実施しました

4月6日(土)9:00より、令和6年度入園式を実施しました。新入園児と保護者の皆様にご参加いただき、温かい雰囲気の中で実施できました。式終了後は、各年齢児クラス別のオリエンエーションを実施しました。

2024.04.06

さるーる新聞が届きました

大分県交通安全協会杵築日出支部より、「さるーる新聞」が届きました。3月13日(水)10:00から実施した「交通安全教室」の内容が載っています。2歳児クラスから5歳児クラスまでが参加し、全体で交通安全啓発DVDを視聴した後、2・3歳児は園庭に仮設した横断歩道で、4・5歳児は実際に保育園前の国道213号線の横断歩道で、横断歩道を渡る練習をしました。「さるーる新聞」はこちらからご覧ください→さるーる新聞

2024.04.05

一覧を見る